2014
03.30

一人っ子でしかも他家へ嫁いでいるとなると、両親のお墓をどうしたら良いものか…、悩みますよね。

もし仮に両親のお墓を作ったとしても、そのお墓をその後世話してくれる人はいないわけですから、ゆくゆくは無縁墓地となってしまう恐れがあります。

両親のためにお墓を建てたいという気持ちもわかりますが、その後のことを考えると、お墓を建てるのが本当に最善なのでしょうか?

本当にお墓を建てるのであれば、今後のお墓の世話人はどうするのか?

その点に関して、必ず相応の取り決めをしてからにしましょう。

また、お墓を建てないという選択肢も十分にあります。

近年ではこのようなケースの場合は、一台限りの永代供養や、樹木葬、散骨、手元供養など、新しい納骨供養を選択する人が増えているようです。

無縁化するようであれば、子供に面倒を掛けたくないと考える人も多く、自分の入るお墓を建てない人も実際に増えているようですから、あえて両親のためにお墓を建てないというのも、ある意味両親のためと言えなくもないようですよ…。

≪参照サイト≫お墓について【URL:http://jodo.or.jp/knowledge/kiso/index6.html

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.