2014
04.11

基本的のお墓を建てるには、その前提としてお墓を継承する人がいる必要があります。

そのため、お子さんがいない場合は、原則的にはお墓を建てるのは非常に困難になります。

霊園によっては親戚にお墓を継承してもらうことが可能なケースも有るようですが、あくまで霊園ごとにその取り決めは異なってくるので注意が必要です。

継承できる範囲は民間霊園では6親等まで継承できるのが一般的ですが、寺院や公営霊園では継承範囲が異なるので確認した方が良いでしょう。

また、親類が継承する場合は苗字が異なる事もあるので、墓石には「◯◯家之墓」とは彫刻できないので注意しましょう。

お墓を継承るる人がいない場合は、お寺などが永代にわたって供養・管理をしてくれる、永代供養墓を利用するのがオススメです。

永代供養墓は同じ納骨堂に納骨されるの絵、合祀墓、合同墓、集合墓などとも呼ばれます。

一般的には33回忌まで期間が過ぎると、合資という形で遺骨が一緒にされます。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.