2018
04.13

墓の建立費用や墓石については、不透明なところが多く選び方にも迷いが生じてしまうものです。

目安となる選び方や価格について、お話ししておきましょう。

■一区画150~600万円と開きがある建立費用。

墓の建立や墓石については、誰もが漠然としたイメージしかもっていません。

最近では墓離れなどと言われ、墓地や墓石と無縁の人も増えています。

ザックリとした言い方になりますが、墓の建立費用は、安いところで一区画150万円~250万円、高いところでは400万円~600万円もします。

東京23区を中心に地方になるほど安く、都心に近づくほど安い傾向にあります。

■維持管理が良好なら、小さくても無名の墓地。

上手な墓の選び方、建立地の選び方は、小さくて無名の墓地でも、維持管理のしっかりしたお寺を選ぶことです。

月に一度程度の墓参りでも継続して気軽に行ける近場がおすすめ。

一区画150万円程度の建立費用で済みます。

また墓石については、国産の石だけで50種類以上のものがあり、外国産の墓石を含めると150種類以上にもなります。

もっともポピュラーな墓石は御影石で、彫刻などのデザイン料を含めて50~100万円の予算で組み立てられます。

■墓石(石材)については、インド産や中国産などが多く輸入されるようになりました。

御影石などに人気が集中していますが問題点もあります。

御影石は見栄えが良くて汚れが目立ちにくく、日本人には人気があります。

墓石としての需要も多くありますが、最近では模造の御影石、人造御影石といったものも横行しています。

表面加工により大理石そっくりのテイストを醸し出したものですが、価格が手ごろでもニセもの。

耐久性・耐質性に支障が出るので注意しましょう。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.